(16/2/21) 16年 2月 17日

この日は県の“河川委員会”があった。


午後からだったのだが、結局その日は仕事が出来ないので埋め合わせをするべく朝からバタバタ??????


でも“河川委員会”では必ず一人5分程度の持ち時間を与えられ、何かしら意見や質問をせねばならない。



足代と言うか、出張費を(私らは給料と呼んでいるが(笑)12,000円も頂けるので、当然と言えば当然なのだが(笑)


でも、その“河川委員会”もその日が最後。


予算がつかないとの事で、来年度は打ち切りになるのだ。


まぁ、一年もやれば十分と言う事だろう。








準備も整い、さぁ出掛けよう❗️という時、事務所の玄関から声が。


『失礼しま〜す❗️』


爽やかなイケボ(笑)


てっきり運送屋さんかな、と思ったが、様子が違うので出て見ると、ナント❗️
役場 某課の超イケメン職員Mさんが❗️(*゚▽゚*)


千葉県K市から派遣されて来ている、支援の職員の方だ。


超〜〜〜ヤバイ❤️(๑>艸<๑)


コーヒーをお出しし、夫も加わり(いらないのに(笑)暫し歓談❤️


だけど、時間が押し迫って来ているので、20分程話をして私は退席(T_T)


同時にMさんも席を立ってしまった(ノ_<)


わざわざ来て下さったのに、申し訳ない事をした(T_T)


Mさん、ごめんなさいね〜m(__)m


そんな胸キュン❤️な事もあったが、余韻に浸るヒマもなく、県庁に行ってからは発表の練習??????
a0267766_1257926.jpg




でも、県庁担当者の説明を聞いて見ると、自分が書いておいた原稿内容では当てはまらず、結局メモだけ使って質問する事に(^_^;)
a0267766_1257914.jpg

a0267766_1257986.jpg

a0267766_1257944.jpg




夜なべして書いた原稿は無駄になった(^_^;)







滞りなく発表は終り、帰りは遅くなったので、夕飯は“ほっともっと”のお弁当(笑)


たまにはいいよね(笑)


そんなドタバタで、夜は疲れ切って、お風呂は一番最初に入る事に。


やれやれ??


あ、Mさんにお礼のLINEしなきゃ❤️(๑>艸<๑)


そんな事を考えながらボーッとしてると、突然 昔の知り合いからの電話(・_・;


あれ?
どうしたの?(・_・;


その人は私が副業でやっている保険を、昔 共済の頃に一緒にやってた人だった。


田宮二郎と風見しんごを足して割ったような なかなかのイケメンだったが、もういくつになるのだろう?


名前はクサカ マサアキさん。


保険の私の上司のクサカ ケンイチさんと名字も住んでる地域も一緒の人だ。


出て見ると
『お久しぶりです』
の挨拶の後
『あの…付かぬ事をお聞きしますが…
今日、クサカさんの所で看板見たんですけど…(・_・;
ケンイチさん、亡くなったんですか…?(・_・;』


………えっ?………


『クサカ ケンイチって書いてあったんですよ…
同姓同名の人、いるんすかね…❓』


ええっ???(・_・;
まさか❗️❗️


だって、こないだ会ったばかりだし❗️
あ…でも…(・_・;
12日保険の勉強会の時、途中で具合が悪くなって帰った事を思い出し…(・_・;


でも、あれは風邪じゃないの❓
それともインフルエンザ❓
だけど…


『と、とにかくケンイチさんに電話して確認します❗️❗️❗️』


ケンイチさんのケータイに電話。


ケンイチさんが出てくれる事を期待して。


ケンイチさん、出て❗️出て❗️出て❗️


でも、出たのはお父さん。


あの…ケンイチさんは…


『ケンイチ…亡くなったんですよ…』


ええっ…
何で❓
どうして❓
どこが悪くて❓( ̄O ̄;)
まさか、風邪こじらせて❓❓❓


頭の中で疑問が渦巻く。


『肝硬変で…。
昨日 仕事に行って、帰って来たら
“父ちゃん怠いや…”
って言うから病院に連れて行ったら…
もう手遅れだったんです…』


そのまま病院で翌朝(2月17日の)3時41分に息を引き取ったのだと。


誕生日を迎えてすぐの59歳の若さだった…。


去年、急激に痩せて腹水が溜まっていた。


その後入院して善くなったと言うから安心していた。


だけど、常に顔色が悪いので、また入院する事になるのだろうな、とは思っていた。


それが、こんなに呆気なく死んでしまうとは。


普段は優しく面白い人だったが、仕事は物凄く厳しかった。


副業とはいえ、保険の仕事はちょっとのミスも許されない。


せっかく加入して頂いていても、お客様が入院や死亡した時に保障されなくなってしまうからだ。


印鑑を間違っただけで口調は穏やかだが、キツイ言葉をガンガン浴びせられた。


なので、私にとっては苦手な人だった。


しかし、いざという時は誰よりも力になってくれて物凄く頼りになるので、私の家族は全信頼を置いていた。


高校時代は入学式から停学になるなど相当のヤンキーだったそうだが、今は保険屋の鏡のような人。


そんな人が、突然死んでしまったのだ。


信じられなくて、翌朝仕事の合間にご自宅へ行ってみた。


すると、すでに棺の中で眠っているケンイチさんが…。


本当に眠っているようだった…。


お父さんはいらっしゃらなくて、叔母さんと従妹さんが応対して下さった。


お父さんや周りの人たちに心配を掛けまいと、相当 我慢していたようだった。


かなり吐血して苦しんで逝ったとの事だった。


穏やかな表情で眠るその姿からは想像も出来ない、壮絶な最期だったようだ。


そして昨日。


ケンイチさんと最期のお別れをして来た。


あんなに泣いたのに、名前を見ては涙。


会場に入っても涙。


写真を見て、骨になって小さくなったケンイチさんを見てまた涙。


私があまりに泣くので、両脇に保険仲間のお姉さん達がついてくれた程だった。


今も、この記事を書いていると涙が流れてしまうが…。


悲しい事はもう考えないようにしようと思う。


あまりに悲しむとケンイチさんがまた心配するだろうしね。









ケンイチさん。


今迄本当にありがとうございました。


ケンイチさんが苦手で、ちょっと避けたりしていました。


でも、教えて頂いた事は全て正しくて…。


それを常に心に置いて、なんとか頑張って行きます。


不束者の私を、どうかこれからも天国で見守ってて下さい…。


ありがとうございました…。


合掌…。
Commented by tatuotoko0406 at 2016-02-21 15:17
こんにちは。
急でしたねえ・・・
本人もまさかでしょうが、残された家族もいきなりだと悲しむ時間もないですね。(所帯は持っておられない?)

ある程度の歳になると痩せるより、太れるほうがマシかなあ。

苦しんだっていうのが辛いですね。
我々もなるべく健康には留意しましょう。
Commented by mako0318m at 2016-02-22 01:42
オレさん❤️
こんばんは❤️

本当に急過ぎて、お父さんから亡くなった事を聞いたのに、わざわざ他の人に確認したりして…(苦笑)
気が動転してハチャメチャな事をやってしまいました(ー ー;)
一人っ子で独身、ご高齢のお父さんと二人暮しでした(お母さんは認知症で施設)
私はこの時初めてお父さんにお会いしたのですが、香典返しに添えられてた挨拶分はとっても立派でしたよ。
それが尚更可哀相で…。
本当にお気の毒でした。
そうですね。
肝臓の病気って自覚症状がないらしいけど、最期は苦しむんですね。
それを聞くと、本当、いたたまれないです…。
太れるって健康である証し。
幸せな事なのかもしれませんね、ある程度なら(笑)
オレさんだって大病を患ってるんだから、注意して下さいよ。


この休日にユーチューブの記事をアップするしようと準備していましたが、ちょっと無理でした(T_T)
でも、近いうちに書きますね(*^_^*)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mako0318m | 2016-02-21 12:57 | 日記 | Comments(2)


Diaryの名の通り、日々の出来事を日記を書く感覚で楽しんでます♪