引越し (15/6/4)

高校を卒業して秋保の某旅館に入社した娘が、先月(15年5月31日 )を以って退職した。


前から長く勤める気はなかったのだが、4月の末に階段から転落して左手首を骨折。


左手は彼女の利き手だったので箸を持つ事もままならない状態だった。

関連記事はコチラ♪ d(^。^*)

何故 階段から落ちたのか?


階段を降りる時に立ちくらみがして、気がついた下に寝ていて周りに人が沢山いたのだと。


今年の4月に入社し、独身寮に住み込み、分厚いテキストで仕事から帰っても部屋で勉強していた。


その甲斐もあって宴会を一人で任されるようになった。


長く勤める気はないとはいえ、努力が認められるのはやはり嬉しい。


彼女も毎日頑張っていた。


ところが…。


食事は食費が給料から差し引かれるため、一日二食 賄いが出る事になっている。


秋保のちょっと格上旅館のプロの料理人が作る賄いなので、日替わりで美味しい食事が用意されていたようだ。


毎日それが楽しみだとも言っていた。


しかし、研修期間を終え、シフトが組まれるようになると食べる時間がない。


朝 旅館に入って着物に着替え、一仕事をして、その後朝食と昼食を兼ねた食事と休憩。


それも20分取れればいい方で、日帰り客のランチの支度やら何やらに取り掛かり、日帰り客が終わると、宿泊客が来るのでご案内やら宴会の準備やら…。


朝9時に入って帰りは夜の10時。


その間の休憩は10~20分。


休憩は夜はメチャメチャ忙しいので時間がなく、朝の一回だけ。


賄いが出る時間は決まっているので、結局夕食は食べれず。


仕事中は水一滴も飲めず、トイレにも行けず。
(水を飲むとトイレに行きたくなるので、飲まないようにもしている)


一日一食で13時間も、20分の休憩だけで働かされていた、という事になる。


なので、離職率も高い。


しかし給料は初任給で約16万円。


右も左もわからない高卒の女子に研修させ、それでもまだまだ半人前以下なのに、この給料は悪くない。


なので、試用期間が過ぎたらもっと上がるんじゃないかな?


食費は賄いの分だけだし(周りに店がないので買いに行けない??)寮費と電気代を払えば全部自由に使えるのでお金は貯まる。


だけど、これじゃ身体を壊すぜ(・_・;


娘も、すっっっっごく頑張って来たのに勿体無いのと、秋保の格上旅館にいる、という優越感と、カッコイイ着物のユニフォームが気に入っていた、という事で、後ろ髪を引かれる思いもあった。



しかし、あの厳しさに再び身を置く根性が、もう失せていた。


6週間も休み、気持ちも大分落ち着いては来たが、やはりもうイヤだと言うので、退職する事に決めた。


それでも、
『辞める時は二週間前に言わなきゃダメなんだよ(・_・; 』
『すぐに辞めたいのに、あと二週間いろ、って言われたらどうしよう??????』
と散々悩んでいた。


体調を崩すほど(^_^;)


5月30日が整形外科の最後の通院日だったので、その後会社に怪我の完治の報告と退職する旨を伝えると、退職届けをよこされて記入して来い、との事。


辞める事は会社の方でも想定していたようだった。


車の中で一生懸命書く娘(^_^;)
a0267766_123353100.jpg



提出すると、アッサリ受理され、
『寮は今日、明日中に引き払って』
との事(・_・;


突然の引越し(・_・;


まあ、会社なんてこんなもんだ(+_+)


初めての自分だけの部屋。
a0267766_1244547.jpg

a0267766_12445454.jpg

a0267766_12445462.jpg

a0267766_12445456.jpg

畳の上に木目調のカーペットを敷き、白くて可愛いテレビを買い…


テレビ台をまだ買ってなかったのだが、買わないでいて良かった(^_^;)


それが翌日にはガラ〜〜〜ン
a0267766_12445414.jpg



入り口
a0267766_12524341.jpg

a0267766_1244542.jpg

a0267766_12445440.jpg




廊下
a0267766_1254367.jpg



寮舎
a0267766_12445470.jpg

a0267766_12445451.jpg



途端に離れ難いものとなってしまった(・_・;


優しかった管理人さんに別れを告げ…。


複雑な思いで寮を去った。









夕飯作りが免除になったので、帰りは2人でカラオケして来ちゃいました〜〜〜❗️❗️(^O^)/
a0267766_12445431.jpg

by mako0318m | 2015-06-05 12:33 | 日記


Diaryの名の通り、日々の出来事を日記を書く感覚で楽しんでます♪