3.11 (15/3/11)

a0267766_922758.jpg

a0267766_922824.jpg

雪だ。。。


今日は3月11日。


震災からちょうど4年だ。


あの日も夕方から雪が降って来て、寒い日だった。


この家の後ろは田んぼになっていて、ここに沢山の瓦礫が流されて来た。


道路が高くなっているので前の方からは津波は来なかったが、この田んぼの方から入って来た。


床上浸水にはならなかったが、事務所には入って来た。


あの日の事は鮮明に憶えている。


これから納品書を作って商品を納品しに行こうかな〜〜〜…と思っていたら、義弟のケータイが鳴り出した。


ビュー❗️ビュー❗️ビュー❗️
と言う、警報音だ。


『地震だ地震だ❗️❗️❗️
外に出ろ❗️❗️❗️』


義弟に言われたので外に出ると間も無く立っていられない程の大きな揺れ(・_・;


茶の間でゴロゴロしていた次女も外に出して、収まるのを待ったが、家が左右に大きく揺れて、倒れるんじゃないかと思った(・_・;


二階にいた息子がやっと出て来た。


壁板が剥がれてドアが開けられなくなっていたのだ。


息子は出て来たが、婆さんの姿がない(・_・;


まだ中にいるのか❓(・_・;


次女が
『婆ちゃん❗️❗️❗️
婆ちゃん❗️❗️❗️』
と泣き叫びながら何度も中に救出しに行こうとするが、瓦がボタボタ落ちているし、今にも倒れそう。


そんな家になんて行かせられない。


私も必死で娘を抑えた。


やっと収まり、息子が裏の木小屋で腰を抜かして座り込んでいる婆さんを抱き抱えて来た(・_・;


というか、持って来た(^_^;)


家の中はグチャグチャだったが、食器などは落ちてはいなかった。


事務所もグチャグチャだが、パソコンは無事。


やれやれ??????


弊社から200メートル程の所に国道6号があり、その2〜300メートルの所に義弟の家がある。


おそらくそっちもグチャグチャだろうが、義弟は几帳面なタイプではない。


息子が
『片付け手伝うよ』
と言ったが、自分の家は後でいい、と、断った。


『それより、食料品買っといた方がいいんじゃない?
こういう時って、店閉まったりして買えなくなるからね』


義弟に言われ、
『そうだね、じゃあコンビニで何か買って来るわ』
と、車に乗った。


息子と次女も乗って来た。


長女はまだ学校だった。


赤点を取ったので追試で残されていたのだ(^_^;)








コンビニに向かおうとしたが、6号線は大渋滞(・_・;


仕方ないので、6号線の下をくぐり、6号線より若干海側の旧道を走った。


6号線は海から約2km程の所にある。


それより2〜30m海側の曲がりくねった旧道。


走っていると、前の車が次々とUターンして来る(ー ー;)


『何なの❓(ー ー;)』
と思って、ふと東の方を見たら…


波❗️❗️❗️❗️❗️(・_・;


どす黒い波が田んぼの上をこっちに向かって物凄いスピードで押し寄せて来ている❗️❗️❗️∑(゚Д゚)


そう言えば、ラジオで大津波、大津波ってしきりに騒いでいた(・_・;


津波は本当に来たのだ❗️❗️❗️❗️❗️


私も大急ぎでUターンした。


津波に全く気付かず道路のあちこちに停車している車に、
『津波来てます❗️❗️❗️』
と呼び掛けて走った。


6号線をなんとか横切り、町に入る。


町に入っても、住民はのんびり地震の後片付けをしていたので、息子を車から降ろし、
『津波だ❗️❗️って騒いで歩け❗️❗️』


私も『津波来てます❗️❗️❗️』
と叫びながら車で走った。


その時はもう波は町の低い所に入って来ていて、息子はそれを見て、ヤバイと思ったらしい(・_・;


これ以上歩かせたら危ないので、車に乗せ、自宅に向かったが、自宅前の川が逆流していて水が溢れ返っていたので自宅は無理❗️❗️∑(゚Д゚)


そのまま山の方へ逃げた。


真庭地区という所に公会堂があるので、そこに向かったが、途中、高台から津波を眺めている人々。


あんな所からでも見えるなんて、よっぽど凄いんだな、と、それを横目に公会堂へ。


その後、水が引いた頃、自宅に戻って貴重品や毛布、タオルケットなどを積んで再び公会堂へ。


温かい塩むすびをご馳走になった。


お腹が空いていたので、そのおむすびの美味しかった事❗️❗️


本当に感謝でした。


その夜、隣にいたおばさんが
『家なんて流されちゃってなくなってたわよ❗️❗️』
と言っていたので、初めて津波の凄さを知った。


翌日帰って周りを見ると…


国道6号線の東側には立ち並んでいた家屋は屋根のみ引っかかっており、瓦礫の山となっていた…(・_・;







毎年3月11日は、その時の事を改めて思い出す。


一生忘れる事の出来ない記憶である。
by mako0318m | 2015-03-11 09:02 | メンタル


Diaryの名の通り、日々の出来事を日記を書く感覚で楽しんでます♪