14年3月11日(火)

今日で東日本大震災から丸3年F9C8.gif


あの時、もうこの町は終ったと思ったF9C8.gif


私が住んでいる所は海から直線距離で約2Kmの所にあるF9C8.gif


大地震の後、ラジオでしきりに
『大津波警報、大津波警報』
と言っていたが、2Kmもある自宅の方になど来る訳がないF9CA.gif


大津波、ったって、せいぜい1m程度のものだろうと思っていたF9CA.gif


だが、大地震の後はスーパーが閉まったりして食料の確保が困難になるF9C8.gif


なので、他の人達より早くコンビニに行って調達して来よう、と、長男と次女と一緒に家を出たF9C8.gif


長女は学校だったF9C8.gif


追試で行ってて、終わってから教室で友達と談笑している所で地震に遭遇したF9C8.gif


買い物に出たはいいが、6号線は大渋滞F9C8.gif


それでは、と、6号線と並行して通っている、50~100m程海側(東側)の県道に抜けたF9C8.gif


そっちの道はガラガラ、スイスイ行けたのだが、前を走ってる車が次々にUターンして来るF9C8.gif


『何やってんのF9A1.gifF9CA.gif
こんな狭い道路でF9A1.gifF9A1.gifF9A1.gifF9CA.gif
と、ふと東側を見ると…F9C8.gif


F9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gif( ̄□ ̄;)!!


どす黒い波が田んぼの上を這うように上って来てるF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gif( ̄□ ̄;)!!


ビックリして、私もUターンF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9C8.gif


6号線を横切ろうとしたが、その周辺と6号線から西側の人達はのんびり地震の後片付けをしていて、津波が来てる事を知らないF9C8.gif


私は息子を車から下ろし、
『津波だF9A9.gifって騒いで歩けF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9C8.gif
F9C8.gif


あの勢いでは6号線を飛び越えて住宅街まで押し寄せると思ったF9C8.gif


家の方に向かったら、家の前の川が逆流し、道路を寸断していたF9C8.gif


再びUターンし、そのまま山の方の避難所に向かったF9C8.gif


避難所近くのお墓の駐車場に何人か集まっていて、何やら延び上がって下の様子を見ていたF9C8.gif


津波が見えているらしいF9C8.gif


とにかく、私らは避難所に到着F9C8.gif


そこでじっと、波が引くのを待ったF9C8.gif


2時間程過ぎた頃だろうか、波が引いた、という事を周りの声で知り、家に戻って様子を見たら、家の敷地内まで泥水が入り込んでいたが、家の中は大丈夫だったF9C8.gif


貴重品と毛布等を車に積み込み、第二波が来る危険性があるので再び避難所へF95B.gifF9C8.gif


F9FA.gifや義弟、婆さんらは、爺さんの妹の家にお世話になったF9C8.gif


避難所には、沢山の人が避難していたF9C8.gif


炊きたてのご飯で作った、おにぎりを頂いて食べたF9C8.gif


何も具が入ってない塩むすびだったが美味しかったF995.gif


隣に座っているおばさんが
『私の家なんか、流されちゃってないわよF9A9.gifF9C8.gif
と話しているので、
『家が流されたんですか?F9C8.gif
ご自宅はどちらですか?F9C8.gif
と聞くと
『新浜F9C8.gif
あの辺、みんな流されちゃって何もないわよF9A9.gifF9C8.gif


家が流された???F9C8.gif
じゃあ、新浜の方は波が強かったのかしらF9C8.gif


最初はそんな認識だったF9C8.gif


周りの方々に親切にして頂き、息子なんかあちこちの知らないおじさんに声掛けて談笑しているF9C7.gif


アイツはどんな状況でも誰とでも仲良くなってしまう、不思議なヤツだF9C7.gif


ストーブは点いていたが避難所は寒く、床は硬いF9D0.gif


座布団を一人一枚ずつ借りて、その日はそこで休んだF9D0.gif


翌日、家に戻ると、地震で部屋の中はどこもぐちゃぐちゃだったが、自宅には泥は入って来なかったF9C7.gif


事務所は低いので、コピー機の下迄は濡れていたが、パソコンも無事F995.gif


とりあえず一安心F995.gif


二階の私らの部屋の窓が10cm程開いていたので、おそらく孫(猫)は外に飛び出して行ったのだろうF9C8.gif


名前を呼んでも応答がないので諦めたF997.gif


どこかで生きていれば良いけど…F997.gif


まぁでも、家族は全員無事だったから、それでよしとしなければF997.gif


先ずは茶の間を片付け、石油ストーブを物置から出して来て、そこで家族全員、義弟も一緒にしばらく生活したF9C7.gif


外に出て、駅の方まで歩いて町の様子を見ると…F9C8.gif


夢を見ているようだったF9C8.gif


全て流されて何もないF9C8.gif


新浜どころじゃないF9C8.gif


辺り一面、泥と瓦礫の山、山、山…F9C8.gif


車や冷蔵庫、プロパンガスのボンベ、なぎ倒された電柱、フェンス、折れた標識、屋根だけが残された家…F9C8.gif


途中、自動車学校の社長に会ったF9C8.gif


『ユミちゃんF9A9.gif
カンノくんがいないんだよF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9C8.gif


涙目で訴えて来たF9C8.gif


カンノくんとは、隣に住む自動車学校の教官だF9C8.gif


カンノさんだけじゃなく、自動車学校では沢山の犠牲者を出して裁判沙汰になっているが…F9C8.gif







3日後、自分の部屋を片付けていると、チリチリ…とかすかな鈴の音F9C8.gif


ん?F9C8.gifと思っていると、なんと、ベッドの下から孫が出て来たF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF995.gifF995.gifF995.gif


『生きてたんだF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF9A9.gifF995.gifF995.gifF995.gifF995.gifF995.gif


孫も余程怖かったのだろうF9C7.gif


3日間もベッドの下でじっとしていたようだF9C7.gif


部屋がぐちゃぐちゃだったが他を片付けなければならなかった為、後回しにしていたので解らなかったF9C7.gif


良かったF9C7.gif


学校で保護されていた長女は実家の義妹が迎えに行ってくれて、国道が通れるようになってからやっと迎えに行ったF9C7.gif


震災から一週間が過ぎた頃だったF9C7.gif


その頃仙台は電気が通っていたので、一週間ぶりにお風呂に入ったF9C7.gif


極楽だった〜F9C7.gif







3年前の事だけど、当時の事はつい最近の事のように思い出されるF9C8.gif


沢山の知り合いを亡くしたF9C8.gif


自衛隊の方々には大変お世話になったF9C8.gif


あの日以来、海に近付く事はなくなったF9C8.gif


身の回りの、色んな事が変わったF9C8.gif


今日は当時を振り返りながら、津波で流された友人や施設、景色を想う日F9C8.gif


改めて、生きてる事に感謝だF9C8.gif
by mako0318m | 2014-03-11 08:57 | 日記


Diaryの名の通り、日々の出来事を日記を書く感覚で楽しんでます♪