プロメテウス

a0267766_13164188.jpg
先日、TSUTAYA DISCASから届いたDVDF9C8.gif


こんなの選んだっけ???F9C8.gif


記憶になかったが、せっかくだから観ましたF9C8.gif


観る前に予告編で内容をチラ見F8F2.gif





ん゛F9AE.gifF9AE.gif…( ̄_ ̄)


あまり好みではないジャンルF9AC.gif( ̄_ ̄)


何でコレやねんF9AC.gifF9AC.gifF9AC.gif


内容はこちら↓

※ストーリーをそのまま載せています。
興味のない方、これから観る方はスルーして下さい。



遥か古代、岩と水しか見当たらない惑星に飛来する異星人の船。地上に降り立った人間型宇宙人が黒い液体を飲むとその体が急激に溶解し始め、その自らのDNAを惑星全体に拡散させる。

2089年、考古学者であるエリザベス·ショウとチャーリー·ホロウェイは地球の古代遺跡から星図を発見、その構図はいくつかの異なる複数の古代文明で見つかった星図と共通点が見られるものであった。ここから人類がはるか昔から追い続けている人類の起源の謎の答えとなる未知の惑星の存在が浮かび上がる。

ウェイランド・コーポレーション選抜の科学者たちを中心に編成された調査チームは、宇宙船プロメテウスに乗り込み星図の示す太陽系を目指して出発する。乗組員が冷凍休眠で眠る間、アンドロイドのデイヴィッドが宇宙飛行を担当した。アンドロイドのデイヴィッドも航行中に宇宙人エンジニアと交渉出来るよう各種学習に励む。

2093年、衛星LV-223に到着した宇宙船内で乗組員は今回の調査の目的について説明を受ける。ショウはエンジニアなる宇宙人が存在し、それが人類誕生の謎を解く鍵を握っていると語る。調査ミッション責任者のメレディス・ヴィッカーズは万が一エンジニアと遭遇しても一切コンタクトを取らず、ただちに自分に報告するように忠告する。

しかしプロメテウスが大気圏を飛行中、地表に列をなして並ぶ沢山の巨大なドーム状の岩山を偶然発見。岩山の先頭近くに着陸。今日はクリスマスだが、プレゼントを開けないで我慢できるものかとホロウェイは制止する船長の言うことを聞かず、無計画に岩山への探検へ出かけ、先頭のドームの内部に入る。

ドーム内ではデイヴィッドが構造体のホログラム映像を起動させ、エンジニアたちが走って逃げて行く光景が再生される。その先でエンジニアの死体を発見、死体はおよそ二千年前のものと思われた。続いて人間型宇宙人の巨大な頭像と円筒系の容器が無数に置かれた部屋が発見されるが、デイヴィッドが容器の一つをこっそり持ち帰る。すると急な嵐が接近した為、調査隊は一時撤退を余儀なくされる。そこで彼らは残された容器から黒い液体が外に漏れ始め、進入した部屋の環境が変化し始めた事に気がつく。

一方、人間型宇宙人の死体に驚き先に帰ったはずの変わリ者の生物学者と地質学者ら二人は、構造物の中で迷い取り残されていた。二人の科学者は構造物の中をさまよう内に、奇妙な傷を負ったエンジニアたちの死体を発見する。その後二人は黒い液体の溜まり場から飛び出したコブラ型の生物に襲われる。

プロメテウスに戻ったショウは持ち帰ったエンジニアの頭部からDNA型を分析し、人間のDNAと完全に一致するとの結論に達する。

デイヴィッドは円筒の中のアンプルから黒い液体を採取し、その正体を確かめるためホロウェイの飲み物に混入する。その晩ショウとホロウェイは自室で性交する。翌日、構造体内部に戻った調査隊は生物学者の死体を発見するが、地質学者の姿は消えていた。デイヴィッドは秘密裏にエンジニアの宇宙船の操縦室を発見し、ホログラム映像からその操縦法を学習し、エンジニアが一人冷凍休眠の状態で生存していることを知る。
調査隊は黒い液体により急速に体調が悪化したホロウェイをプロメテウスに連れ帰ろうとするが、ヴィッカーズが彼の乗船を拒み、彼を火炎放射器で殺害する。

ショウは体内のスキャンを受け、ホロウェイとの情事をきっかけにエイリアンの幼体に寄生され、幼体が急速に成長していることを知る。ショウは全自動手術装置で帝王切開術を受けようとし、モジュールが男性専用(ウェイランド専用モジュール)だったために堕胎処置を拒否されるも、腹部の異物摘出に指示を変更して緊急手術を行う事に成功。体中から取り出されたのはイカのような姿をしたエイリアンであった。パニックに陥ったショウはそれを全自動手術装置の中に閉じ込め逃げる。

一方黒い液体の影響でゾンビ化した地質学者がプロメテウスに戻り、数人の乗組員を殺害するも、プロメテウス船長のヤネック達によって撃退される。

その間に、ショウはウェイランド本人がプロメテウスに同乗していることを知った。デイヴィッドが調査隊員の指示に従わない行動を見せたのは、ウェイランドの命令によるものだった。ウェイランドはエンジニアに会い自分を老衰による死から救ってくれるよう頼む考えであった。ショウはこの場所に来たことは間違いだったと述懐する。

ヤネックは、この場所はもともとエンジニア達の母星ではなく、彼らが作りだした生物兵器 (黒い液体) をテストするための試験場で、生物兵器が暴走したのではないかという仮説をショウと話し合うが、答えはでない。

デイヴィッド、ウェイランドたちとショウはエンジニアの宇宙船操縦室へ戻る(見送るヴィッカーズはウェイランドのことを父と呼んでいた)。ディヴィッドたちは冷凍休眠中のエンジニアを目覚めさせ、ウェイランドの延命を申し入れるが、エンジニアはデイヴィッドの頭部を引きちぎりウェイランドたちを殺害してしまう。生き残ったショウは宇宙船を脱出するが、その時頭部だけになっても機能し続けるデイヴィッドから、エンジニアが黒い液体を地球全体に拡散させるつもりであると連絡を受ける。実はディヴィッドはエンジニアの行動を監視し続けていたのだった。

戻ったショウは、エンジニアが地球の破壊に向かっていると主張し、ヤネック船長に飛び立とうとしているエンジニアの宇宙船を阻止するよう説得する。地球への帰還を望んだヴィッカーズは船と心中することを拒絶するが、ヤネックと副パイロット二人はプロメテウスをエンジニアの宇宙船に激突させ墜落させることに同意する。船長らはヴィッカーズ専用モジュールを切り離し、ヴィッカーズには脱出ポットの使用を指示。プロメテウスは見事、エンジニアの宇宙船を撃墜した。ヴィッカーズはすんでのところで脱出したが、結局、地上に落ちてきたエンジニアの宇宙船の下敷きになり死亡した。

敵宇宙船墜落の衝撃で気絶していたショウは気密服の酸素残存量減少警告で目を覚まし、追加の酸素を得るためヴィッカーズ専用モジュールへ入る。そこで奥の全自動手術装置の設置された部屋にショウの体内から摘出されたイカ型エイリアンが成長しているのを見つける。そこへ宇宙船の墜落から生き延びたエンジニアが復讐の為ショウを殺しにやってくる。ショウはエンジニアに襲われるも絶妙なタイミングで全自動手術装置の部屋の扉を開放し、扉のすぐ前にいたエンジニアはそこに居るとは予想もしていないであろうイカ型エイリアンにつかまる。イカ型エイリアンがエンジニアに卵を植えつけている間にショウは専用モジュールから逃げる。

ショウはエンジニアの宇宙船の操縦方法を習得したデイヴィッドの体を回収し、地下に沢山残されたエンジニアの宇宙船を使って、彼等の一連の行動の動機を探求すべくエンジニアの惑星を目指し旅立った。残されたメッセージは、この惑星が死の星であり、受信しても決して発信源を探すなという警告であった。

一方、その頃、倒れたエンジニアの胸を突き破り、新たなDNAを得て進化した新しいタイプの生物が誕生する。姿形はすでに「エイリアン」のものであった。


≪Wikipediaより≫



前述したように、このテの物語はあまり好きじゃございませんので、全く面白みは感じませんでしたF9C7.gif


面倒臭いので、日本語で観ましたが、主人公、エリザベス・ショウ博士の声優が超ヘタF9A5.gifF9A5.gifF9A5.gifF9CA.gifF9CA.gifF9CA.gif


誰だF9A8.gifF9A1.gifF9A1.gifF9A1.gifと思ったら、剛力彩芽F9AC.gifF9AC.gifF9AC.gifF9AC.gif( ̄△ ̄)


ヘタにも程があるF9A1.gif


こんなの出すなF9A1.gifF9A1.gifF9A1.gif
ったくF9A1.gifF9A1.gifF9A1.gifF9A1.gifF9A1.gifF9A1.gifF9A1.gif







だけど、その主人公、ショウ博士のお腹に宿ったエイリアンの胎児を自分で開腹して取り出しちゃうシーンは凄かったF9A9.gif(゜Д゜;)
a0267766_13342610.jpg


術後も普通に走り回ってたから、どんだけ凄い麻酔薬を射したんだかF9AC.gifF9AC.gifF9AC.gif


甚だしくリアルさからかけ離れてはいたけど、そこは見物F9C8.gif


冷凍睡眠中のエンジニアは『進撃の巨人』の一番強い、筋肉むき出しの巨人を白くして小さくしたようなヤツで、かなり狂暴なんだけど、
a0267766_1333547.jpg


そいつがエイリアンに食われるシーンはかなり独特だったF9AC.gifF9AC.gifF9AC.gif(゜Д゜;)
a0267766_1333515.jpg


以上F9CA.gifF8F6.gif
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mako0318m | 2013-10-14 13:15 | 映画・・DVD・BeeTV | Comments(0)


Diaryの名の通り、日々の出来事を日記を書く感覚で楽しんでます♪